日刊野球ネイション版・プロ野球選手名鑑

ページ作成:Kaz/最終更新2017年01月25日

涌井秀章 - Wakui, Hideaki

パ・リーグTVオフィシャルYouTubeより

出身地 千葉県松戸市 生年月日 1986年6月21日
身長体重 185cm / 85kg 投打 右投右打
ポジション 投手 プロ入り 2004年ドラフト1巡目
既婚独身 既婚 グラヴ asics 涌井秀章モデル
スパイク asics バット
中学 松戸シニア 高校 横浜高校
大学 社会人
ウェブサイト オフィシャルサイト SNS
オリンピック 2008年
WBC 2009年、2013年
プレミア12  出場なし
オールスター 2006~2007年、2009~2010年、2015年





涌井秀章投手年度別投手成績



































































2019 ロッテ 16 33 ¥250,000,000 3 2019
2018 32 ¥250,000,000 2018
2017 31 ¥250,000,000 2017
2016 30 ¥220,000,000 3 26 26 5 0 1 10 7 0 0 .588 793 188回2/3 195 15 48 0 4 118 1 0 73 63 3.01 1.29 2016
2015 29 ¥220,000,000 28 28 1 0 1 15 9 0 0 .625 786 188回2/3 178 11 57 0 8 117 6 0 79 71 3.39 1.25 2015
2014 28 ¥220,000,000 26 26 1 0 0 8 12 0 0 .400 708 164回2/3 158 9 63 1 10 116 7 1 81 77 4.21 1.34 2014
2013 西武 18 27 ¥220,000,000 1 45 11 1 0 1 5 7 7 13 .417 398 92回1/3 89 4 29 1 8 79 5 0 51 40 3.90 1.28 2013
2012 26 ¥210,000,000 1 55 3 0 0 0 1 5 30 3 .167 271 63回 66 1 22 1 2 40 1 0 27 26 3.71 1.40 2012
2011 25 ¥253,000,000 1 26 26 5 1 2 9 12 0 0 .429 744 178回1/3 184 9 41 0 8 108 7 0 71 58 2.93 1.26 2011
2010 24 ¥220,000,000 1 27 27 6 2 1 14 8 0 0 .636 828 196回1/3 191 21 54 4 9 154 6 0 85 80 3.67 1.25 2010
2009 23 ¥120,000,000 1 27 27 11 4 0 16 6 0 0 .727 863 211回2/3 162 12 76 2 9 199 5 0 57 54 2.30 1.12 2009
2008 16 22 ¥85,000,000 1 25 25 5 0 1 10 11 0 0 .476 738 173回 173 16 51 4 8 122 11 0 80 75 3.90 1.29 2008
2007 21 ¥35,000,000 1 28 28 11 1 3 17 10 0 0 .630 877 213回 199 14 50 3 8 141 7 0 71 66 2.79 1.17 2007
2006 20 ¥9,500,000 1 26 26 8 1 2 12 8 0 0 .600 734 178回 161 16 52 0 8 136 7 1 79 64 3.24 1.20 2006
2005 19 ¥8,000,000 1 13 13 0 0 0 1 6 0 0 .143 252 55回1/3 62 11 23 0 4 57 2 0 45 45 7.32 1.54 2005
通算¥2,570,500,00015352240549121181013716.53979931903回1818139567168613876527997193.401.25通算
太字はリーグ最高・最多記録

タイトル&表彰

最多勝利
2007年、2009年、2015年
沢村賞
2009年
クライマックスシリーズMVP
2008年
月間MVP
2006年6月、2009年7月
ゴールデングラブ賞
2009~2010年、2015~2016年
最優秀バッテリー賞
2009年

主な出来事

2017年01月25日
推定年俸2億5000万円でロッテ球団と新たに3年契約を結ぶ。
2016年11月02日
モデルの押切もえさんとの結婚を発表。
2015年10月6日
イーグル戦に志願登板して延長10回137球を投げ、15勝目を挙げ6年振りに最多勝利投手に輝く。
2015年4月4日
イーグルス戦で、マリーンズ移籍後初の無四球完投勝利をマーク。
2015年3月27日
開幕戦に先発し、6回無失点で勝ち投手になる。
2014年4月15日
大宮県営球場でのライオンズ戦に登板し、マリーンズ移籍後初勝利を挙げる。この勝利により史上13人目の全球団勝利を達成。
2013年12月25日
千葉ロッテマリーンズへの入団会見。背番号は16と発表された。
2013年12月18日
涌井秀章投手と千葉ロッテマリーンズとの契約が合意に至ったと発表される。
2013年11月19日
FA宣言後、千葉ロッテマリーンズと初交渉を行う。
2013年11月7日
FA権を行使するための書類を提出する。
2013年10月1日
この日から6日連続でセーブをマークする。
2013年9月25日
この日のイーグルス戦から10試合連続登板し、稲尾和久投手が持つ球団記録を塗り替える。
2013年6月14日
出場登録日数が通算8年となり、国内FA権を取得。
2013年2月20日
第3回WBC日本代表メンバーに、2大会連続で選出される。だがこの合宿中に女性との密会が報道され、厳重注意を受けてしまう。
2012年6月16日
無期限登録抹消処分が解除される。
2012年5月22日
女性問題により、西武球団は涌井投手を無期限の登録抹消処分に課す。
2012年5月18日
この日発売された『フライデー』で、ベッドでホステスと一緒に写っている写真が公開されてしまう。
2012年05月13日
ファイターズ戦でプロ初セーブをマーク。
2012月5月4日
先発としてシーズンを迎えるも不調で、この日西武ドームで行われたマリーンズ戦から抑えに転向する。
2011年11月
遊離軟骨除去手術も検討されていたが、セカンドオピニオンなどを受け、保存療法を選択。
2011年05月
不調により登録抹消された際、検査により右肘に遊離軟骨があることが発見される。
2011年1月28日
涌井投手の主張は2億7,000万円、西武球団の主張は現状維持の2億2,000万円だったが、西武球団の主張は「合理性がない」と調停書に記され、その結果2億5,300万円が相当され、涌井投手の主張が通った形で決着された。
2011年1月12日
涌井投手と西武球団との年俸調停が申請される。
2010年11月
涌井投手と西武球団の契約交渉が難航。
2010年5月15日
ベイスターズ戦で4打数3安打4打点の活躍をし、交流戦パ・リーグ初の投手の猛打賞を記録。
2010年04月09日
練習中に味方打者の打球が後頭部に直撃してしまうが、大事には至らなかった。
2009年11月2日
12球団で唯一選考基準をすべてクリアし、満場一致で沢村賞を受賞。
2009年7月
4試合に登板し4勝0敗、1.64という成績で月間MVPに選出される。
2009年3月
第2階WBC日本代表に選出され、3試合で防御率2.70と活躍する。
2008年11月
西武球団は涌井投手に背番号18への変更を再度打診され、石井一久投手に16番を付けて欲しいという思いからそれを受け入れる。
2008年11月1月
巨人との日本シリーズ初戦に先発し、8回を1安打1失点に抑え勝ち投手になる。シリーズは4勝3敗でライオンズが制した。
2008年10月
クライマックスシリーズで2試合に先発し2勝を挙げる。合計15回を投げて1失点でシリーズMVPに輝く。
2008年8月
北京五輪日本代表に選出され2勝を挙げる。
2007年11月
西武球団は涌井投手に対し、横浜高校での先輩でもある松坂大輔投手が背負っていた背番号18への変更を打診するが、16番という番号も素晴らしい先輩たちが背負ってきた素晴らしい番号であるという理由から、涌井投手はこの打診を断る。
2007年4月3日
ホークス戦の5回表に、プロ野球史上12人目の1イニング4奪三振を達成。
2006年4月23日
イーグル戦でプロ初完投・初完封勝利をマーク。
2006年8月19日
ホークス戦で勝ち投手となり、これは西武ライオンズ通算2,000勝目という記録となった。
2006年6月
3勝1敗でリーグトップの防御率をマークし、月間MVPを受賞。
2006年3月26日
オリックス戦に登板し、1歳下の炭谷銀仁朗捕手とバッテリーを組み勝ち投手になる。この時2人はまだ10代で、10代バッテリーによる勝利は球界では17年振りの出来事となった。
2005年6月18日
プロ初勝利。神宮球場でのヤクルトスワローズ戦で6回1失点。
2005年3月29日
プロ初登板。2回1/3を投げて7失点されノックアウト。
2004年11月17日
ドラフト会議で西武ライオンズから単独で1位指名を受ける。
Copyright(C) 2015-Present 日刊野球ネイション版プロ野球選手名鑑 All Rights Reserved.